Web担当OLの思うこと

都内に勤めるアラサー女子による、仕事、IT、音楽、女子、考察、雑感など。

アーバンパークラインという路線名と、自己満足ブランディング的なもの

昨日初めて乗った路線、東武アーバンパークライン

f:id:shimako8:20150509174139j:plain

何だこれ!

まず、パッと見てどこで区切るのかよくわからないですね。アーバンパー、クライン?ん?下の英字を見比べてようやく気付きました。アーバン、パーク、ラインね。

※この路線、2014年4月1日から改名されたそうで、元々は東武野田線っていう名前でした。最近変わったんですね。大宮(埼玉)〜船橋(千葉)を結ぶ線です。

しかしこの路線名、わかりづらくないですかね。覚えにくく、瞬間的な認知性も低い。

 

 

発音

話は脱線します。(路線だけに)

アーバンパークラインって英語にすると、日本人の苦手な舌巻きの連続ですね。

Urban [ˈɚːb(ə)n]

Park [pάɚk]

Urban Park Line。この英語版アナウンスを聴きたくて、小一時間耳をそば立てていたんですが、結局聴くことはできませんでした。考えてみると乗車中の路線名はわざわざアナウンスしませんよね。落胆。

ところで私はこの「ムリヤリ英語アナウンス」がけっこう好きなんです。特に舌巻きが最高。

最近のお気に入りは、山手線乗車時の「日暮里舎人ライナー」です。TONERIからのLiner、がツボ。今度機会があったらぜひ聴いてみてください。

 

話は戻って、東武鉄道の思惑

以下、東武鉄道サイトより、命名の由来。

2014年4月、野田線の路線愛称名として「東武アーバンパークライン」を導入。野田線は、都心に向かう通勤・通学路線との乗換駅を複数有する交通利便性の高い路線であり、一方で身近に自然を感じられる公園などが多く点在し、憩いのある住みやすい路線でもあることから「アーバン=都市」と「パーク=公園」を組み合わせた造語でその価値を表現したのだ。

なるほどね。言いたい事はわかります。結局、この路線名変更は東武鉄道が図ったブランディング強化の一環というか、極めて強い余波だった事がわかりました。

ネット上でも賛否あったようですね。ほぼ否側の意見ですが。ダサいって言われてますね。

電車っていう生活インフラに影響しちゃったもんだから、特に名前変更に関してインパクトが大きかったんでしょう。路線名なんてめったに変わらないですもんね。

 

ちなみにバス

ミッドナイトアロー アーバンパークライン野田が運行しているらしい。

ニュースリリース

バスの名前もさる事ながら、このリリースの色使いすごいな。タイトルフォントに縁取りね。ほう。

 

私が命名担当だったら

アーバンは入れないですね。理由は3点です。

  1. 言いたい事(=キーワード)を入れすぎて個々がピンぼけしてしまい、加えて語感も悪くなる。「アーバン(都市)」+「パーク(公園)」+「ライン(線)」。
  2. そもそもアーバン、がピンとこない。普段使わないし、「都市」が何を指してるのかよくわからない。
  3. 「アーバン(都市)」が実態に即していない。ギャップがある。

3.について、都市の定義によると思いますが、少なくとも私にとっての都市とは、栄えていて新しいイメージです。小一時間この沿線の風景を見た感想として、この一帯にある地域が「都市」かというと、正直私は疑問です。路線内、のどかな場所の方が多いんです。

先にリンク張ったtwitter民の反発は、このギャップに違和感を覚え「何がアーバンだよ」と嘲笑してしまった感じですかね。これは理解できてしまいます。

 

ブランディング的な観点

f:id:shimako8:20150509183922j:plain

アーバンを路線名に入れた事によってどんな目的を達成できるのか、"一般ユーザーの立場で"考えたんでしょうか。この「アーバン」にものすごく自己満足ブランディング意識を感じるんですよね。

いや、よくある話だと思うんですよ。この類の「企業側の想い」と「ユーザーの感じた結果」のギャップって。

製品名とかキャッチコピーとか、開発者や関係者がこれを推したい!という強い意識はどうしても生まれます。ただ、その時の製品やサービスの打ち出し方として「ユーザー視点」が抜けてないか冷静になりたいところです。このユーザー視点、特にうちの会社はB to Bということもあって薄れがちなんですよね。戒め。

 

まとめ

ブランディングって企業活動に関していえば、ユーザーにとっての心理的な企業価値なので「相手が自分の事をどう思っているか」が全てです。

どれだけ伝えたい想いがあっても、その表現がよくわからなければブランディングは成功しない、むしろ時にはマイナスにもなるかも、っていう普通の話でした。

 

しかし、あえて果敢に挑んだ東武鉄道の姿勢はなかなか良いです。この命名にあたって社内でもお偉いさんとか頭の固い人達が大いに反対したんだろうなぁ、とか考えたり。

いや、むしろ上からこの話が降ってきた可能性もありますね。「企業(事業)イメージ刷新するから斬新な路線名に変えるぞ!スカイツリーラインに続け!」的な。実際、こちらの方が色々すんなり事が運んだりしますよね。良くも悪くも。

広告を非表示にする